サンスイコンサルタント株式会社

SANSUI CONSULTANT Co., Ltd.
コンサルタンツ部門
住所
〒 600-8108  
京都市下京区五条通新町西入西錺屋町23番地 陽和ビル
担当部署
代表取締役社長
連絡先
ページ下部に記載(問合せフォーム)
コーポレートプロフィール
corporate profile

昭和43年に北海道で測量業としてスタートしたサンスイコンサルタントは、今では全国の農業農村整備にかかる建設コンサルタント業務を手掛けています。単なる施設整備ではなく、地域全体の発展に寄与するための広い視点を持ち、地域に生きる人々の豊かな暮らしに貢献することを目指しています。

未来を拓く人材と技術 農業農村整備への貢献

全国で農業農村整備事業にかかる建設コンサルティング業務を展開しています。
農業土木に携わる技術者は、農村地域全体の発展に寄与するという広い視野が求められます。一つ一つの施設にも、事業計画全体における重要な役割があるという意識をもち、事業計画の根幹となる計画思想について、技術者一人一人が理解を深める必要があると考えます。
私たちは、施設の設計だけでなく計画にも力を入れており、全国の事業地域で様々な事業計画立案に携わってきました。全国に成功事例を展開し、計画思想を確実に引き継ぐことで、計画・設計すべてにおいて品質の高い成果を実現させたいと考えています。

Presentation Movie

サンスイコンサルタントからのメッセージ

3分22秒

事業サービス・製品紹介

PR POINT 01

計画思想を引き継ぎ、実装する

農業土木は地域全体の発展に貢献するものであり、計画思想が一つ一つの施設に至るまで引き継がれていることが求められます。「水のサンスイ」と自負する私たちは、用排水計画や各種解析などの計画領域の仕事を起点とし、具体的な施設設計にも計画思想を引き継いでいくために全社的な情報交換、協力体制を築いています。

広範な事業地域全体の発展を考える
PR POINT 02

「自ら」の経験を重視し、真のコンサルタントを育成

業務のコア部分については、可能な限り自分たちで作業を行うことで、コンサルタントとして必要な知識・経験を蓄積することを重視しています。現地調査や図面作成などを自社で行うことはコストもかかりますが、質の高い仕事を提供するために必要なこととして、日本を飛び回っています。

現地調査にチームを組んで赴く
PR POINT 03

総合建設コンサルタント事業にも進出

本社のある京都市を中心に、関西圏では農業土木領域にとどまらず、道路、河川、橋梁、各種防災減災事業など、幅広く総合建設コンサルタント業務を展開しています。農業土木で培った技術を活用して幅を広げ、また農業土木に技術力を還流することで、総合的な品質の向上を目指しています。

更なる事業の発展

事業サービス・製品等に
関する
お問い合わせ

オンラインでのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
フォーム
展示会アンケートにご協力ください。
アンケートに回答する