株式会社 ジルコ

Japan Irrigation drainage and Rural engineering Consultants
コンサルタンツ部門
住所
〒 105-0004  
東京都港区新橋5-34-4 農業⼟⽊会館
担当部署
本社総務部
連絡先
ページ下部に記載(問合せフォーム)
コーポレートプロフィール
corporate profile

農業農村を取り巻く環境は、大きな変動の渦中にあります。
10年先、20年先の農業農村はどのように変化していくのでしょうか。
ジルコは、長年培われたベテランの経験と若い力の情熱、新技術にも対応する技術力で日本農業の将来に貢献します。

未来を拓く人材と技術 農業農村整備への貢献

ジルコは昭和49年(1974)に財団法人日本農業土木コンサルタンツから分離し、株式会社日本農業土木コンサルタンツとしてスタートしました。
平成16年(2004)には社名を株式会社ジルコに変更しました。これは旧社名当時から広く使用していただいた略称を採用したもので、社名の英語表記「Japan Irrigation drainage and Rural engineering Consultants」の頭文字「JIRCO」からきています。
ジルコは、農林水産省発注業務を中心に全国に展開する農業土木専門の建設コンサルタントです。
北海道から沖縄まで、農業農村整備事業の調査・計画・設計に数多く携わってきました。
農地造成、大区画ほ場整備、施設の長寿命化、スマート農業とトレンドが変化する中、これからも農業農村の持続的発展に貢献するために、確実な技術力、提案力~解決する力を提供すべく、新技術への積極的な取り組み、社員の教育訓練、切磋琢磨に努めています。

Presentation Movie

解決する力~ジルコ

1分21秒

事業サービス・製品紹介

PR POINT 01

農業農村整備事業の策定に向けた調査、計画業務

農業農村整備事業を策定するために、水利状況に係る各種調査、分析、用水計画、排水計画の検討について、確かな知見と豊富な実績を基にサポートします。

岩木川左岸地区(東北農政局) 用排水計画
PR POINT 02

農業水利施設の設計業務

ジルコは、約50年間の歴史の中で数多くの農業水利施設(ダム、ため池、頭首工、機場工、用排水路、パイプライン等)の設計実績があります。現在はジルコで設計した施設をジルコで機能診断し、補修、補強設計を行う時代となってきており、農業土木の確かな実績と新しい技術で、課題解決を強力にサポートします。

粗石コンクリート造の豊稔池は、設計上の工夫によりマルチアーチダムの旧堤景観を残せた好例です。
PR POINT 03

農業水利施設の機能保全計画策定

ジルコでは平成15年に最上川下流沿岸地区で本格的なトンネル調査を手掛けて以来、20年にわたり全国の地区で、ダム、頭首工、揚水機場、水路、水管理システムなどの農業水利施設の機能診断調査、機能保全計画の策定を行っています。様々な課題に対して発注者、施設管理者のニーズに応える提案を行っています。

水路の機能診断(ひび割れ、摩耗、欠損、傾斜等の劣化調査)の実施状況

事業サービス・製品等に
関する
お問い合わせ

オンラインでのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
フォーム
展示会アンケートにご協力ください。
アンケートに回答する