中央開発株式会社

CHUO KAIHATSU CORPORATION
コンサルタンツ部門
住所
〒 169-8612  
東京都新宿区西早稲田3-13-5
担当部署
ソリューションセンター 藤谷 久
連絡先
ページ下部に記載(問合せフォーム)
コーポレートプロフィール
corporate profile

弊社は2021年(令和3年)で創業75年の歴史を刻む建設総合コンサルタントです。「将来を予測した活動」をテーマに、特徴あるオンリーワン・コンサルタントを目指して、高品質を追求し、引き続き技術開発と人材育成を進め、持続可能な社会づくりに貢献していきます。

未来を拓く人材と技術 農業農村整備への貢献

国民生活の変化などにより、刻々と変化する環境・・・それとともに建設コンサルタントに対するニーズも多様化して参りました。弊社は、その時々の社会的要求を的確にとらえ、安全・安心の原点であることを強く認識し、独立性と中立性を堅持し、これからも社会的要求に応えて参ります。
私たちは技術をもって社会に貢献することをモットーにしていきます。持続可能な社会が未来においても発展し続けるように技術的に貢献することを目指していきます。皆様のためのオンリーワン・コンサルタントになれるように努めていき、「大地に残る仕事」、「人々の心に残る仕事」、「豊かな未来へつないでいく仕事」に、これからも実践的に関わっていきます。

Presentation Movie

中央開発(株)の技術紹介

9分45秒

事業サービス・製品紹介

PR POINT 01

遠隔自動監視システム「観測王」

現場の計測機器から自動的に伝送されるデータを弊社のサーバ上でグラフ化し、インターネットを介しては配信するとともに、現地計測機器を遠隔地から制御することができるシステム(双方向の監視・制御)です。ため池の水位監視、水質や大気などの環境の監視、既設構造物の維持管理等、多用途にご利用いただけます。

現地の通信基地局
PR POINT 02

斜面崩壊感知センサー「感太郎」

自然および人工斜面は、緩みやすべり等を要因として、徐々に傾斜変動していきます。「感太郎」は、この傾斜変動を捉えることを目的として開発された傾斜センサーです。従来の計測機器と比較して、設置の簡素化と多点化が可能になり、自動監視システムとの組み合わせによって、斜面災害に対する迅速な情報提供を可能にします。

斜面の二次災害監視
PR POINT 03

ダム・ため池水底調査「Nソナーマッピング」

近年、レジャーフィッシング分野で飛躍的に高性能・小型化し、普及が進んでいる魚群探知機の優れた水中探査機能に着目し、これをダム貯水池現場に適用することで、貯水池内の面的な堆砂状況を把握することができる探査です。

Nソナーマッピングの計測状況

事業サービス・製品等に
関する
お問い合わせ

オンラインでのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
フォーム
展示会アンケートにご協力ください。
アンケートに回答する