内外エンジニアリング株式会社

Naigai Engineering Co., Ltd.
コンサルタンツ部門
住所
〒 601-8213  
京都市南区久世中久世町1-141
担当部署
事務センター
連絡先
ページ下部に記載(問合せフォーム)
コーポレートプロフィール
corporate profile

1955年の創業以来、一貫して、農業・農村分野を中心とした多くのプロジェクトに建設コンサルタントとして携わってきました。今日では、調査・計画・設計などの業務を通じて、国や地方公共団体から、土地改良区、地域組織まで、さまざまな活動を支援し、安心・安全で快適な社会の創出に貢献しています。

未来を拓く人材と技術 農業農村整備への貢献

私たちと農業土木との関わりは、創業当時、愛知用水事業の水路測量に携わったことに始まりました。その後、豊川用水や宮川用水、紀の川用水などの測量設計で経験を積み、1966年から55年余り農業土木分野を中心に建設コンサルタントとして歩んできました。この間、北海道から沖縄に至るまで、調査~計画~設計~施工管理、更に機能診断・耐震診断~機能保全計画・長寿命化計画~補修設計・耐震設計などの業務を通じて、全国各地で国営、都道府県営、団体営と様々な規模の農業農村整備事業の推進に貢献してきました。また、農村地域の豊かな自然を守り伝えるために、環境との調和への配慮についても、環境調査~環境配慮方針の検討~環境配慮計画の作成などの業務を通じて貢献しています。
近年は、3次元関連技術やAI診断技術等の新たな技術の導入にも積極的に取り組んでいます。

Presentation Movie

農地・農業を通じて日本の国土を考える

6分30秒

事業サービス・製品紹介

PR POINT 01

かんがい排水施設における調査~計画~設計業務

悠久の昔から我が国の国土を支えてきた農業。その豊かな実りを育むためには、作物が必要とする用水を供給する「かんがい施設」と、農地に湛水することを防止する「排水施設」の整備や維持・保全が不可欠です。
わたしたちは、地域の特性や抱えている問題点に関する調査から、水収支計算や水理解析、排水解析等の各種解析、各種計画の提案、事業計画、実施設計まで、一貫してかんがい排水施設の整備をお手伝いします。

幹線水路/頭首工/水管橋/パイプライン
PR POINT 02

海岸保全施設における調査~計画~設計業務

海岸保全施設は高潮・波浪等の海岸災害から、背後の人命や財産を守る非常に重要な役割を担っています。東日本大震災では、その重要性が改めて見直されました。海岸保全施設には海岸堤防、排水機場・排水樋門、消波工などがあります。
わたしたちは、軟弱地盤上の築堤計画や各施設の耐震検討等の実績があり、豊富な経験に基づいて、地域の実情に応じた幅広い提案を行います。

消波施設/排水樋門/干潟対策/工事計画
PR POINT 03

農業農村整備における機能診断~長寿命化計画業務

基幹的な農業水利施設の多くは、1960年代以降に集中的に整備されました。このため、老朽化が進行し保全対策が必要な施設が急増しており、既存施設の機能を効率的に保全・活用(ストックマネジメント)することが課題となっています。
わたしたちは、機能診断や事業計画、実施設計などのストックマネジメントの各段階における業務について、機械設備の状態監視、UAVや魚群探知機など最新技術を活用した調査を実施し、これら業務に精通した農業水利施設機能総合診断士、コンクリート診断士、農業水利施設補修工事品質管理士などの有資格者が、豊富な経験を基に、さまざまな施設の長寿命化計画やライフサイクルコストの低減を提案します。

テストバンド/UAV撮影/設備診断/AI活用

事業サービス・製品等に
関する
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
075-933-5111(代)
事務センター広報担当
土・日・祝を除く9:00~17:30
オンラインでのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
フォーム
展示会アンケートにご協力ください。
アンケートに回答する