日本基礎技術 株式会社

JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD
ボーリング・グラウト部門
住所
〒 151-0072  
東京都渋谷区幡ヶ谷1丁目1番12号
担当部署
営業本部 営業管理部
連絡先
ページ下部に記載(問合せフォーム)
コーポレートプロフィール
corporate profile

「人と環境の共生をめざし 建設基礎技術で豊かな社会創りに貢献する」を経営理念として、調査・設計・施工・維持管理での総合技術力をもつ建設基礎工事の専門技術者集団として、「確かな技術と施工」を半世紀以上にわたり提供しています。

未来を拓く人材と技術 農業農村整備への貢献

1950年に神戸市北区にあった農業用ため池である、有野大池の提体安定のためのグラウチング工事を当社の前身である大阪建設工業(株)が請負、その成果が認められ将来的に多大な需要が見込めることとなり、1953年にグラウチング専門会社として日本グラウト工業(株)が設立されました。1985年にはアンカー工事に強みをもつ新技術開発(株)と合併し日本基礎技術(株)に社名変更し今日に至っています。
21世紀初頭、農業用ダムの建設がピークを迎え、全国各地で弊社もこれらの多くに携わることとなりました。やがて時代が変わり、新規の農業用ダム建設が終息し、農業水利施設の老朽化や、大規模地震や豪雨等の自然災害の発生を受け、施設の維持補修といった長寿命化や、重要インフラの防災・減災、国土強靭化に資する技術に注目されるようになり、これまでに培ってきた技術と受け継いできた技能を生かし、水路トンネルの補修工事や液状化対策の地盤改良工事等に積極的に取り組んでいます。

Presentation Movie

グラウトを4次元で「見える化」 Ground-4D

7分38秒

事業サービス・製品紹介

PR POINT 01

【グラウトをリアルタイム4次元で「見える化」】 Ground-4D

地中の見えない場所で行われている地盤改良の施工状況を、任意の時間軸でデータ化して表示することを可能にしたシステム「Ground-4D」
注入圧力、流量などの注入データの他、設置された変位計測データをリアルタイムにチャート表示(グラフ表示)し、刻々と変化する注入の進捗を3D画像で確認することができます。
特定の時期のデータを抽出することが出来るため、遠隔地にいる企業者や発注者もクラウド上から閲覧でき、現場の「今」を共有することができます。

遠隔地にいながら施工状況を瞬時に把握可能
PR POINT 02

【多点同時注入で急速浸透注入を実現】 超多点注入工法

薬液注入における一つの理想は、薬液を均等に土粒子間にしみ込ませる浸透注入にあります。
少しずつゆっくりと注入することで球体に近い理想的な固結体が得られますが、従来の方法では莫大な時間と手間を要し、施工効率の改善が大きな課題でした。
この課題を解決するため、低吐出量のポンプを用いて多数の注入ポイントから同時に注入し、急速施工を可能にした技術が、『超多点注入工法』です。

1ユニットで32ポイントを同時注入する。
PR POINT 03

【UAVによる計画・設計と出来形管理】ICT法面工

ICT 活用工事への対応に向けて、「3 次元設計データ作成」や「3 次元出来形情報等による施工管理」に関する取組を行っております。
UAV 測量によって得られる3 次元点群データで計画・設計し、施工時も出来形を3 次元点群データで管理することによって、出来形計測の省力化・生産性向上に繋げます。

ドローンによりのり面を撮影する

事業サービス・製品等に
関する
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
03-5365-2500
営業本部
土・日・祝を除く8:30~17:00
オンラインでのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
フォーム
展示会アンケートにご協力ください。
アンケートに回答する