ライト工業株式会社

RAITO KOGYO CO.,LTD.
ボーリング・グラウト部門
住所
〒 102-8236  
東京都千代田区九段北四丁目2番35号
担当部署
企画管理部
連絡先
ページ下部に記載(問合せフォーム)
コーポレートプロフィール
corporate profile

当社は、昭和18年の創業以来、特殊技術の開発、導入を積極的に進め、専門土木分野において、国土の防災やインフラ整備を通じ、永年蓄積した経験と技術で社会に貢献することを当社の使命として、いつの時代も「新たな価値に挑戦し、創造し続ける」の経営理念のもと豊かな国土形成への貢献を目指してまいります。

未来を拓く人材と技術 農業農村整備への貢献

ライト工業株式会社は、地盤改良や斜面・法面対策等を専門に行う土木会社であり、国や都道府県の公共事業、並びに高速道路、JR、空港・港湾等の土木工事において幅広く施工実績を積んできております。農業農村整備事業に関しては、沖縄や九州の島しょ部において農業用水の安定確保のために地下ダムが建設されていますが、弊社は、深層におよぶ掘削孔の傾斜をリアルタイムに計測し、遮水性を高める施工管理を行いながら地中連続壁を造成しております。また、大規模地震や大水害が多発する中で、排水樋門、排水機場、ため池等の液状化対策や補強対策とともに、ストックマネジメントとして、老朽化のり面の補修・補強技術などに関する各種技術をご提供しております。

Presentation Movie

ライト工業株式会社の最新技術と地下ダムの施工技術

9分29秒

事業サービス・製品紹介

PR POINT 01

樋門、機場、ため池等の液状化対策を行う浸透固化処理工法

樋門、機場、ため池等の耐震対策をする上での課題は、①狭隘で施工空間に制約があるため大型機械の配置が困難、②既設の構造物の周辺や直下の施工ができないことがあり、これらを解決する技術として浸透固化処理工法があります。この工法は、土粒子の間隙や骨格構造を変えずに間隙水を排水して薬液を用いて固化し、液状化しない層に改良するものです。経済性を高めるため、浸透性能を向上させて大口径の工法を開発し、注入速度も上昇させて施工コストを低減しています。

既設構造物直下の液状化対策が可能
PR POINT 02

基礎地盤の補強を行う高圧噴射撹拌工法

高圧噴射撹拌工法は、セメントミルク等を地盤中に高圧噴射して地盤を改良するもので、硬化材と圧縮空気を組み合わせた二重管、硬化材と圧縮空気と超高圧水を組み合わせた三重管の工法が主流となっており、様々な技術開発により大口径型の工法が開発されています。OPTジェット工法は、経済性に優れかつ低排泥・低変位の工法として広く適用されています。エネルギーロスの少ない先端噴射装置を用いて高速施工を行い、コストと工期を縮減し、低排泥かつ低変位の工法です。

新技術の低排泥低変位噴射攪拌工法
PR POINT 03

既設のり面の補修・補強を行う「のリフレッシュ工法」

全国で膨大なストックとなっているモルタル吹付けのり面において、老朽化の調査(熱遠赤外線調査、コア採取と中性化試験、はぎとり調査等)を行い、劣化の状況に合わせて増厚工、空隙充填工、地盤注入工を組み合わせて補修・補強をします。この工法により施工の安全性、工期の短縮、建設廃棄物の縮減を図ることが可能です。また、モルタルの替りに樹脂吹付けを行い、短期間で経済的に長寿命化する工法も開発しています。

樹脂吹付とモルタル吹付による補修技術

事業サービス・製品等に
関する
お問い合わせ

オンラインでのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
フォーム
展示会アンケートにご協力ください。
アンケートに回答する