岡三リビック株式会社

OKASANLIVIC.CO.,LTD
水利施設保全管理補修部門
住所
〒 108-0075  
東京都港区港南1丁目8番27号 日新ビル10F
担当部署
リバイブ創新部 高柳
連絡先
ページ下部に記載(問合せフォーム)
コーポレートプロフィール
corporate profile

社会のインフラとなる道路や橋梁、ダムや下水道、さらには鉄道や空港などを造るのに欠かせない土木資材及び工法を扱っております。
過去のインフラ資産をただ新しく作り替えるのではなく、長寿命化、コスト低減、維持管理といった社会的ニーズを汲み取って、専門的・独自な視点でこれらを解決する術を提案します。

未来を拓く人材と技術 農業農村整備への貢献

我が国の食と活力ある農業・農村の未来に、その持続的な発展は、欠かせません。
ARISライナー工法を用い、美しい田畑を開削することなく守りながら、老朽化したパイプラインを更生し改築する工法です。調査から設計、施工まで一貫した技術で、未来の農業生産基盤整備に貢献していきます。

Presentation Movie

ARISライナー工法について

1分29秒

事業サービス・製品紹介

PR POINT 01

ARIS(アリス)ライナー工法

老朽化した長距離および急勾配のパイプラインを自在に施工可能とした、耐久性、施工性に優れた管更生工法。
非開削で、農水の外圧、内圧管路(パイプライン)を更生することを目的とし、長距離施工および、急勾配施工を可能にした農業用水路用管更生工法。独自の温水シャワーリング硬化システムを採用し、均一でムラのない硬化が得られる。

既設管内に、ライニング材を反転挿入する。
PR POINT 02

Tn-p工法(発泡ウレタン注入工法)

発泡ウレタンの比重は可塑性エアモルタルの約1/40~1/10と超軽量で覆工への負荷を低減できます。注入設備が小型で導水路トンネルのような狭小部においても資機材の運搬が容易にできます。固化時間は1分程度と非常に速く、材料流出の危険性を低減できます。また、水が溜まっている箇所でも発泡硬化が可能で、地下水の止水にも有効です。

水路トンネル内のTn-p施工状況
PR POINT 03

長水路トンネル内面カメラロボット調査

供用下の用排水路を断水せず、制御ケーブルを使わない調査技術。
断水が困難な用排水路の調査を目的とし、調査機材の制御ケーブルを不要としたことで、長距離の調査を可能とした。
調査実績は、全長7km超えの屈曲部がある水路、全長1kmの老朽化により作業員の進入が危険な手掘り隧道などであり、一般的に調査困難な水路でも難なく調査可能。
調査記録は、GISソフトの地図情報と同期可能なため、損傷箇所のピックアップなど修繕計画立案とすることができる。

供用下の用排水路を断水せず、制御ケーブルを使わずに調査可能

事業サービス・製品等に
関する
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
03-5782-9087
リバイブ創新部 高柳
土・日・祝日を除く9;00~16:45
オンラインでのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求
フォーム
展示会アンケートにご協力ください。
アンケートに回答する